スポーツの試合や大会などは、日頃の練習やトレーニングの成果を発揮する場所です。
その成果を十分に発揮するためには、コンディションを整える必要があります。
しかし、スポーツには突発的なケガがつきものです。ケアが遅れると、むち打ち治療や腰痛治療などが必要になる可能性も考えられます。
ケガを予防するには、日頃からの体作りがポイントになってきます。

ケガが発生する原因

スポーツで起こるケガの原因は、大きく3つに分けられます。1つは一定の部分に大きな力が加わることで起こる突発的なケガや、同じ部分を何度も使うことで起こるオーバーユース症候群があります。

また、成長期によく発生するケガなどがあります。成長期は骨が成長している段階のため、その多くが軟骨の状態です。この軟骨部分に負荷がかかり、ケガを引き起こしてしまうのです。
一般的にスポーツにおけるケガをスポーツ障害と呼びます。

スポーツによるケガのイメージ画像

ケガを予防するためには

急に体を動かしては、ケガが発生しやすくなります。運動前には軽めのジョギングやストレッチなどを行い、しっかりウォーミングアップすることが大切です。ウォーミングアップによって体の働きが活発になり、運動する体勢へと整えることができます。また、普段から激しい運動に耐えられる体作りをすることも重要です。

骨を強くするビタミンやミネラル、炭水化物、脂質、たんぱく質など、体を作るのに欠かせない栄養素をしっかり摂るようにしましょう。

激しい運動をする前のストレッチ画像

セルフケアの方法

激しいスポーツを行った体には、たくさんの疲労が溜まっています。

この疲労をしっかり解消することで、次のパフォーマンス力も高め、ケガを防ぐことにも繋がります。セルフケアの方法には、ストレッチやアイシングがあります。ゆっくりと筋肉を伸ばすストレッチは、筋肉の緊張をほぐし痛みを軽減します。アイシングは氷や保冷剤などを使用して、患部の腫れや炎症を抑えることができます。

スポーツで披露したからだをアイシングしている様子の画像

沖縄市で整体をお考えの際は、Fラボ接骨院をご利用ください。

沖縄市にある当院は、お客様一人一人の状態に合わせて適切な施術を行う接骨院です。整体のイメージとして聞かれるバキッ・ポキッなど、痛みを伴う施術は行いませんので、安心してご利用いただけます。当院では沖縄ではまだ少ない筋膜療法や骨盤矯正など、様々な施術を行っております。病院でむち打ち治療、交通事故治療、腰痛治療をしているが、なかなか改善できないという方もぜひお問い合わせください。